So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

ズゲーまた~り [雑記]

 先週は1週間の予定で組まれていた仕事が水曜の午前で終わってしまい、木金が休みになり、結果的に4連休でした。
 しかし、花粉所の所為なのか、風邪も同時にひいていたのか、どうも今ひとつ体調が優れないので家でまた~り休んでました。( ´Д`)
 4連休だったってのになんか無駄に過ごしたようでちょっと勿体無かったです。もう一週間後だったらなー、数年振りに出るPS2版ギタドラ三昧できたのになー(--残念。

 で、また~りと家で休み、ちょっとだけ溜まったDVDの消化。「地獄少女」の①②巻はサラリと鑑賞。放送時色々と波紋を呼んだものの見逃してしまった問題の第6話も見れて良かったです。
 確かに、ものっそい昼の連ドラ的な内容でしたな(=w=。

 土曜はこの日封切りの「北斗の拳 ラオウ伝 殉愛の章」をレイトで観に行ってきました。
 北斗の拳の劇場版といえば小っちゃい頃にも観に逝きましたが…そん時の内容は全然覚えてませんな。
 まぁ唯一鏡の前(?)でのユリアのオパーイがポローンなシーンは今でも焼きついていますが(殴)。

 そして今回の新作、事前に情報などは全く仕入れておらず、出掛けにお母んから
「阿部寛が声やってるんだってね」と聞かされ
エエェ(´д`)ェエエ
とか思ったくらいで、内容もてっきりケンシロウvsラオウを描いたものだと思ってました。
 劇場入る時に貰ったフィギュア↓


にしたって明らかにラオウの最後のシーンだし…(--。

 で、ここからはちょっとネタバレを含むかもしれないのでこれから観に行く人は注意!、な個人的にな感想ですが…

 行く直前に聞かされた阿部寛の声ですが、これは以外と頑張っててそれなりに良かったと思います。まぁ本家(?)の神谷明と比べてしまうとやはりちょっと違和感みたいなモノはありますが、十分及第点はあげていいかと思います。
 しかしながら、ラオウの声はやはりあの内海賢治の声とは全く別物故にかなり違和感がありました。
 一応このキャスティングの変更には実際に身長190cm以上の役者をあてる事によってキャラクターにリアリティーを出そう、と言う意図があった様でそれはそれでアリかとは思うんですが、やはり自分らのような昔見た世代にはどうしても違和感は感じてしまう部分はありますな。
 その他のキャスト変更についてはそれほど気にはならなかったな…かな。
 ま、神谷明と内海賢治が突出して印象が強かったって事だね。

 物語の方はケンシロウvsラオウかと思いきや、実はケンシロウvsザウザーだった訳で、
「何故いまこの部分を劇場用としてリメイクしたのか!?」
が俺には良くわかりませんでした。もしかしてパチスロの方で使われてるのがこの辺の部分なんでしょうかね?。
 スロはやらないからワカランのですが…。

 更に言うとサウザーの最後のシーン、お師さん出てきませんΣ(゚Д゚;≡;´д`)
 十字陵の存在理由が…半減してますがな。そこは削っちゃマズいんちゃうやろか?。

―と、まぁそんなところでおもむろに終わるんですが、5部作(予定)と言う事で今後どう展開するのか、全然ワカランw。
 つーかなぜこんな所からやるのか…。
 懐かしいって意味では面白かったけど、昔TVで見てた漏れ的にはちょっと微妙でしたな(=w=。
 嗚呼、DVDBOX欲しいなぁ…


web拍手

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。